e法務フォレンジック調査サービス  FSS.jp

「コンピュータ・e法務フォレンジック調査サービス」とは、PC等のデータを、犯罪捜査や裁判などで有効な、法的証拠と認められる方式で抽出・調査するサービスです。

近年の事件・事故の調査において、電子データが非常に重要な意味を持つようになりました。しかしデジタルデータを「証拠」とするには、データの改変が起こっていないことを保証する「保全」など、特殊な専門的手順が要求されます。

事件の背景調査、犯罪捜査など、何らかの証拠化を目的として電子情報を収集する場合、対象がアクティブデータか消去データであるかを問わず、保全手続きは必須です。 この手順を踏まえずに証拠情報を採取してしまった場合、データの真正性を証明できず「証拠能力」が認められなくなる危険があります。

e法務フォレンジック調査サービスでは、企業、調査機関、法律事務所などのご依頼に応じて、各種媒体上のデータ、ファイル管理情報、アクセス状況など多様なデータを「保全」した上で取得し提供します。
パソコンのデータはもちろん、削除や改変などの履歴情報まで、ディスクに残されている情報のままで抽出、分析し、皆様の事実追及をお手伝いいたします。

■このような場合に、ご連絡ください。
・証拠データが故意に削除された。証拠保全して、復元したい。
・不正取引のやり取りをしたメールを確保したい。
・機密情報が不正ダウンロードされた。
・重要情報が、外部メディア(USB)経由で持ち出された。
・従業員の私的なネット利用(Webメール、チャット履歴など)を調べたい。
・会計データの作成・更新履歴で、不正会計の疑惑を晴らす必要がある。
・ファイル共有ソフトで顧客情報が流出した。
・特許訴訟で、書類のタイムスタンプを証拠として提出する必要がある。

フォレンジック調査サービス(FSS.jp)を見る