予防法務とフォレンジック

予防法務とは、企業が将来において、訴訟や不祥事などで法的な紛争が生じないよう、法律知識や法実務上のノウハウを駆使して事前に取る法的対策のことです。それに対して、フォレンジック調査とは、不正や不祥事が発生した事後に対処する事後対策です。企業価値を大きく損う危機を回避するためには、この事前対策と事後対策を巧みに組み合わせて対処することが必要です。予防対策としては、大量のメールデータを事前にクラウドなどに移行して、高速検索可能なインデックスを事前に作成しておき、何か不祥事があった場合には、瞬時に調査を行うことができるようにするデータ移行ソリューションや機密データや不要なファイルを事前に消去しておくデータ消去ソリューション、機密ファイルへのアクセス制限などを事前に設定しておき、不正を検知した場合には、即座にフォレンジック調査に移行できるリスク管理ツールの導入などがあります。