aboutfsstop

リーガルテックとは

リーガルテックとは、リーガルサービスを提供するために活用されるソフトウェアやテクノ ロジーのことで、一般的には、リーガルテック関連企業は、伝統的で保守的なリーガル市場を最先端のテクノロジーで支援する目的で設立されています。リーガルの先進国の米国では、リーガルテックは、リーガルの領域をあらゆるレベルと形、角度から変えていく企業と共にブームとなり、2015年時点で米国やヨーロッパ中で数百の企業が登場しています。

最先端の法律事務所を支援するための技術やソフトウェア、アプリケーション

リーガルテクノロジーは、伝統的に業務管理、文書保管、課金、会計、電子情報開示で法律 事務所を支援するための技術やソフトウェア、アプリケーションなどに関連しています。

高度な調査技術を用いてデジタル証拠の内容を把握

企業のリーガルコストの削減と業務効率化が急務な時代に

法的業界は、保守的で伝統的にであると広く認識されており、過去50年間、法律事務所で の顧客体験は、ほとんど変化がないと言われるように今日まで法律技術は、ほとんど変わっていません。 これは、顧客に直接的な支払いが発生する他の専門的なサービスに比べて、マイナーな技術的なミスが顧客に対して、重大な経済的な被害をもたらすリスクを恐れて、法律事務所がコスト削減の問題に直面してこなかったということを含んでいます。

しかし、社内弁護士が増え、企業側も専門的な知識を持つようになり、電子メールの利用と共に弁護士費用の増加と時間が掛かってしまうことに対する問題に顧客が直面するようになりました。

企業はリーガルコストの削減と法務の時間短縮が悩み

弁護士の競争力を高める最先端のリーガルテクノロジー

デジタル社会の急速な発展と共に、法曹界は、大量のデジタルデータを調べて、必要な証拠データを抽出する必要に迫れています。そして、弁護士市場の飽和により、多くの弁護士が競争力を保つために最先端のリーガルテックを活用することが必要とされるようになりました。

リーガルテックへの投資は、主に、米国に集中しており、2014年には、254億円以上が米国で投資されましたが、この動きが世界的な規模で広がっています。

年々増加するデジタルデータ

1999年より、数多くの証拠データの復旧、調査の実績

AOSは、2000年より、パソコンや携帯電話、スマートフォン上の消されてしまった証拠データを復旧するデータ復旧事業を開始し、十数年に渡り、警察機関など捜査機関の依頼を受けて、数多くの証拠データの復旧、調査に関わってきました。膨大なハードディスクやフラッシュメモリー上に保存されたデータから、重要証拠を見つけ出す作業は、高度なテクノロジーが必要とされ、そこで培われた技術を駆使することで、数多くの重大事件の解決に貢献してきました。