AOSリーガルテックの強み

AOSリーガルテックは、日本のデータ復旧業界でNo.1の実績があります。

AOSリーガルテックは、日本のデータ復旧業界でトップレベルのデータ復旧成功率を誇ります。市場シェア№1のデータ復旧ソフトウェアを開発したノウハウを生かし、最も高い確率でHDDからデータの回収・復旧に成功しています (*)。(*弊社実績と各社公開データより)

AOSリーガルテックには、圧倒的な技術力と経験があり、パソコン・ハードディスクメーカーとも正式に提携しています。

東芝、SONY、NECなどの大手パソコンメーカーやハードディスクメーカーと正式に提携し、データ復旧などのサービスを何年にもわたって提供しています。
AOSリーガルテックの卓越した経験と技術力に加え、提携によって、更に強力なデータ復元やデータ解析が可能となります。

スマートフォンやタブレットなど、モバイル分野での実績も豊富です。

AOSリーガルテックは、スマートフォンやタブレットなど、モバイル分野でも最先端の技術を持っており、多くの企業、研究機関、警察組織などから依頼を受けてスマートフォンなどのデータ復旧、フォレンジック調査、解析を行ってきました。
ビジネスの現場でスマートフォンやタブレットの活用が日常化している中で、モバイルデバイスの調査・解析に長けたAOSリーガルテックが、広範に、eディスカバリーを支援します。

日系企業・アジア企業の国際訴訟をグローバルに支援します。

AOSリーガルテックは、日本、米国、韓国、中国、スイスに、日本人および日本語対応可能なプロフェッショナルを配し、企業のeディスカバリーをサポートしています。
企業の海外現地法人・支店などのデジタル証拠データの保全、収集、復元、加工、分析等を行い、レポート提供まで行うことができます。

日本語・アジア言語のデータ解析に熟達しています。

日本語だけでなく、中国語、韓国語などアジア言語の文字コードの問題に熟達した技術スタッフが、迅速で、確実な調査を行います。ビジネスのグローバル化に伴い、日本企業が海外で訴訟に巻き込まれる事例が増えています。現代は企業情報の大半が電子化されており、企業の法務部門やIT部門では、特に米国での訴訟に際する電子データ開示要求への対応が大きな課題となっています。
AOS eディスカバリサービスは、日本および米国のビジネスに精通した経験豊富なスタッフが、海外でビジネスを行う企業の訴訟対策をサポートする国際訴訟支援サービスを提供します。

日本語対応

日本語化されたフォレンジックツールを駆使して、日本語文字コードの問題に熟達した技術スタッフが、迅速で確実な調査を行います。

詳細はこちら

技術と実績

電子情報を証拠として開示するためには、専門技術を持つエキスパートが「保全」「収集」「加工・処理」「審査」「分析」といった処理を迅速かつ正確に行うことが極めて重要です。

詳細はこちら

● 保全機能
証拠データをハッシュ値を取って保全します。

● 偽装されたファイルの検出
拡張子を変更されたファイルを検出します。

優れた情報収集力

高度なデータ復元技術を用いて、過去に削除されたデータを復元することで、数年前のウェブの閲覧履歴や携帯電話の通話履歴などの情報を収集します。

詳細はこちら

● 回収ファイルの復元
消されてしまった画像ファイルを回収し、復元します。

事前準備・事後対応の支援

訴訟に備えるためには、訴訟が起こる前に対策を実施する予防法網と事後対策の2つを考えることが重要です。

詳細はこちら