e法務ソリューションズ

企業の商取引、意思決定や会計処理等はもちろん、法人個人問わず、日常的活動情報の大半が電子データとなっている現在、早晩日本においても米国のeディスカバリー同様の、電子情報開示に関する法的規則が定められる可能性は十分にあります。また、ビジネスのグローバル化が進んでいる今、どのような企業でも、万一の海外訴訟に備えた対策の必要性は念頭に置いておくべきでしょう。

「eディスカバリー」では、日本企業の文化を熟知し、専門技術を持つエキスパートが、「保全」「分析」「報告」などの適切な手順でデータ管理、選別などを支援します。
企業法務部門とIT部門の橋渡しをする「eディスカバリー」は、企業の円滑なリスクマネジメントを支援し、企業の損害を最小化する、これからの訴訟社会に必須のソリューションです。