ECAとは?

企業は、訴訟としてファイリングされたり、訴訟に発展しうる問題が発生した場合、できるだけ早期にその内容を吟味し、訴訟となるのか、訴訟となる場合は裁判に持ち込むか、和解するか等の判断を下す必要が生じます。

訴訟の工程全体にかかる時間とコストは莫大なため、なるべくその工程の規模を小さく保つことが重要です。 そのためには、訴訟の早期段階において訴訟事実を正確に評価する必要があります。 収集すべき情報の対象を絞り込み、訴訟全体のリスクを計算して、対応を戦略的に判断し計画することが重要です。

このように、訴訟の早期段階において訴訟関連のリスク・バリューを評価することを 「ECA(Early Case Assessment):訴訟案件の早期評価査定」と呼びます。

一般的に、訴訟の起点から 60~90日以内で訴訟対応計画を立てることを言い、eディスカバリーのコストや時間の削減に大きく貢献するとして注目を集めています。