よくある質問(Q&A)

フォレンジック調査についてよくある質問を掲載しています。

Q_icon

電子情報開示(eDiscovery)とは何ですか?
A_icon

米国をはじめいくつかの国では「証拠開示手続き(ディスカバリ)」という業務があります。これは、企業同士などが裁判を行う際、審理の前にそれぞれ証拠を開示し合う手続きです。

米国の裁判では、公正な審理を進めるため、裁判に必要な証拠について、原告、被告ともに可能な限りお互いに開示する手続きが重視されています。ここで、証拠の開示が不十分であったり、意図的に隠蔽などが行われると、裁判で不利になることも多く、証拠開示手続き(ディスカバリ)は大変重要な業務です。

近年は、ビジネス文書の97%以上が電子的に作成されていると言われおり、電子的な証拠の開示業務も増えてきています。そのような電子情報開示のことをeDiscovery(eディスカバリ)と言います。米国など海外のいくつかの国にはeディスカバリの規定を定めた「eディスカバリー法」が存在します。

このeディスカバリをテクノロジーや専門家によるサービスによって支援するのが「eディスカバリ支援事業」です。

Q_icon

貴社と他社の違いはなんですか?
A_icon

弊社には以下6つの強みがございます。

・米国、欧州などの各ベンダーと連携が可能です。

・セキュアな弊社独自のレビューセンターにて、精度の高いレビューを行っています。

・レビューでは英語、日本語、韓国語、中国語、タイ語など複数言語対応しております。

・EDRMの全工程の支援はもちろんのこと、特定のフェーズのみの対応も柔軟に可能です。

・米国だけでなく様々な国の対応実績があります。

・弊社内には多数のシステム開発経験者がおるため、企業内独自のシステムからのデータ収集が可能です。

弊社は、お客様の意向にあわせて、eディスカバリ業務の全体、もしくは一部だけなど、さまざまな支援を行えることが特徴です。
また全行程をご依頼頂いた時にも、フェーズごとに、強みのあるベンダーでチームを組んで取り組むこともできますので、レビュー精度とコスト効率がよく、お客様から喜ばれています。

Technology Asisted Reviewにも多様な種類がありますが、私たちが採用しているシステムは最新のTAR2.0(テクノロジー支援型レビュー)に対応しており、AIでアシストしながら、精度の高いTARが行えます。